見出し画像

『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』作品概要

スターチャンネルEXにて1月29日(金)より独占配信スタート!『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』の作品概要を掲載しています。今度の舞台は1950年代のミズーリ州・カンザスシティ。裏社会で対立する黒人犯罪組織とイタリア系マフィアの攻防を、本シリーズ特有のブラックユーモアと共に描きます。もちろんノア・ホーリー監督・脚本・製作総指揮。シーズンごとに独立したお話なので「カンザスシティ」だけ見てももちろん大丈夫。全11話。お見逃しなく!

シリーズ最新作にして原点!みどころは?

クリエーター、ノア・ホーリー&コーエン兄弟製作総指揮

画像14

これまでの全シーズンに引き続きクリエーターを務めるノア・ホーリーが脚本・監督・製作総指揮を兼任。さらに本シリーズにインスピレーションを与えた映画『ファーゴ』のコーエン兄弟も製作総指揮として参加。毎シーズン異なるキャラクターと独立したストーリーで構成されたアンソロジーシリーズの第4弾も、ブラックユーモア溢れる安定の面白さのコーエンワールドとなっている。過去シーズンを見ていなくても楽しめる全11話をどうぞお見逃しなく!

各シーズン“同じエリア・違う時代”で展開される物語の最新作にして原点!

画像15

本シリーズは映画『ファーゴ』を基にするアンソロジー・シリーズとして製作されており、各シーズンのストーリーはそれぞれ独立しつつも、“ファーゴ周辺で起きた犯罪事件を題材とする”点で共通する。一方、シリーズの各シーズンは異なる年代を描き、他の時代との繋がりを匂わせる箇所も随所に登場し、それぞれの物語が少しづつ奇妙に関係してきた。

『FARGO/ファーゴ:カンザスシティ』はシリーズで最も古い1950年の出来事が語られ、シリーズ最終作とされるこの「シーズン4を始めに年代順にシリーズ全作を見ていく」という新たな鑑賞方法でも楽しめる

個性的なキャラクターを演じる豪華キャスト陣

画像16

コメディアンとしての認知度が高いクリス・ロック(『リーサル・ウェポン4』)が落ち着いた演技で黒人マフィアのボスを演じ、対するイタリア系マフィアの長男をジェイソン・シュワルツマン(『ダージリン急行』)がコミカルに演じる。さらにベン・ウィショー(『メリー・ポピンズ リターンズ』)が複数の組織間をトレードされて育ったヒットマンを、脱獄囚を追いかけてユタ州からやって来た捜査官をティモシー・オリファント(『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』)が、ファッダ家と癒着しているクセのある刑事をジャック・ヒューストン(『ミスター・メルセデス2』)が演じる。ジェシー・バックリー(『チェルノブイリ』)演じる今回唯一ミネソタ訛で話すキャラクター、看護師メイフラワーの常軌を逸した行動からも目が離せない。

映画ファンを楽しませるコーエン兄弟作品へのオマージュが随所に

画像17

映画『ファーゴ』のみならず、あちこちに散りばめられた様々なコーエン兄弟作品へのオマージュを見つけるのが本シリーズの楽しみ方の一つ。過去シーズンとの繋がりを匂わせる箇所も随所に登場するので、継続視聴者には是非注目して見て欲しい。

アメリカの移民の歴史を描く

画像18

1950年、アメリカ中西部のミズーリ州カンザスシティを舞台に設定し、移民の歴史や人種差別といったアメリカの歴史や社会問題も背景に描かれている。

今回も個性的な人物ばかり!キャラクター紹介

ロイ・キャノン(クリス・ロック)

画像1

イタリア系のファッダ家と対立する黒人犯罪組織のトップ。

オラエッタ・メイフラワー(ジェシー・バックリー)

画像2

葬儀屋の向かいに住む看護師。本シーズンで唯一ミネソタ訛で話す、謎多き人物。

ジョスト・ファッダ(ジェイソン・シュワルツマン)

画像3

イタリア系マフィア、ファッダ家の長男。

ラバイ・ミリガン(ベン・ウィショー)

画像4

幼少期にユダヤ系マフィアの家にトレードされたアイリッシュ・マフィアの息子。その後ファッダ家にトレードされ、同様にファッダ家に入ったロイの息子の世話役をしている。

“デフィー”・ウィックウェア(ティモシー・オリファント)

画像5

脱獄囚を追ってユタ州からカンザスシティまで来たモルモン教徒の連邦保安官。

エセルリダ・スマトニー(イマイリ・クラッチフィールド)

画像6

葬儀屋を営む白人の父と黒人の母を持つ少女。賢く好奇心旺盛。

オーディス・ウェフ(ジャック・ヒューストン)

画像7

ジョストから賄賂を受け、裏でファッダ家のために動いている刑事。

全話見逃せない!各話あらすじ

※ネタバレの可能性があります!お気を付けください※

第1話「裏社会へようこそ」

画像8

移民の歴史とともにユダヤ系、アイルランド系と裏社会の権力が変遷したカンザスシティには、かつてから組織間の協定関係を証明するため、互いの息子を交換する習わしがあった。1950年、ロイ・キャノン率いる黒人犯罪組織が台頭すると伝統に習いドナテロ・ファッダ率いるイタリア系マフィアと互いの息子を交換。その矢先、ドナテロが入院する。一方、ロイはある発明をし銀行に商談を持ちかける。

第2話「略奪と殺しの街」

画像9

ドナテロの死を受け、ジョストの弟ガエタノがイタリアから加わりファッダ家の力関係に異変が生じる。ロイの参謀ドクター・セネターは、ドナテロが生前ロイにファッダ家が経営する食肉解体工場を譲ると話していたと主張し、工場を占拠するもガエタノに阻止される。看護師メイフラワーは、再び悪事を働こうとしたところを目撃されて解雇された矢先、葬儀屋の娘エセルリダの聡明さに目を付け…。

第3話「倍返し」

画像10

脱獄したエセルリダの叔母ゼルメアとその相棒スワニーを追う保安官デフィー・ウィックウェアが、エセルリダの家に捜査のために押し入る。勤めていた病院を解雇されたメイフラワーは、他の病院の面接を受けるとすぐに採用される。兄ジョストのやり方に不満があるガエターノは、ある行動に出るのだが…。

第4話「臨戦態勢」

画像11

ロイの手下はガエターノの手下が乗るトラックを襲撃し、輸送中だった大量の武器を奪う。ロイはその武器をファーゴのマフィアに売却し、来たるべき戦争での支援を要請する。一方、家計を助けようとメイフラワーの家の掃除を買ってでたエセルリダは、彼女のクローゼットである物を発見してしまう…。

第5話「文明発祥の地」

画像12

ジョストは武器強奪の報復に、ウェフを使ってロイの息子らを逮捕させる。エセルリダはメイフラワーの勤務先の病院に、彼女の不審な行動を伝える匿名の手紙を書く。一方、エセルリダの父が渡した金の出所に気づいたロイは、ゼルメアらの居所を教えるよう彼に迫る。同じ頃、保安官のデフィーも学校を訪ねてエセルリダに同様の質問をするが…。

第6話「エレガンス収容所」

画像13

ロイはウェフの家に押し入り、今後はキャノン家に手を貸すよう脅迫。ファッダ家にいるロイの息子サッチェルを連れ戻すよう命じる。さらにロイは、ゼルメアらを使ってガエターノを人質に捕らえる。一方、メイフラワーの勤務先の病院の医師ハーバードは、匿名の手紙のことで彼女を呼び出すが…。

第7話「放置」

画像21

メイフラワーはハーバード医師に手作りのマカロンを届ける。ジョストは、サッチェルを助けるためにラバイが部下を射殺し、サッチェルを連れて逃亡したことを知る。ジョストはガエターノの手下がサッチェルを殺したとロイに嘘をつき、ロイに対してガエターノと手下を殺したらファッダ家のビジネスの一部を譲ると提言する。怒りに震えるロイだったが、一晩考えた末に…。

第8話「どん底」

画像22

ガエターノは兄が遂行した戦略に感心したと一転して兄に忠誠を誓い、ファッダ家はジョストを長として一丸となる。メイフラワーはハーバード医師が一命を取り留めたと聞き、急いで町を出ようとしている時にエセルリダが置き忘れた手帳を発見する。ゼルメアらの居場所を掴んだデフィーは駅に向かう。ファッダ兄弟の和解を知ったロイは、ファーゴのマフィアに援軍を要請する。

第9話「東か西か」

画像23

オミーは、ガエターノの手下カラミータを追って人里離れたガソリンスタンドにたどり着く。一方、サッチェルを連れて逃亡中のラバイも、同じ町の風変わりなモーテルに身を潜めていた。オミーが店のペンキ塗りをしてカラミータを待っていると、見覚えのある車が店先に止まる。その日がサッチェルの誕生日だと知ったラバイは、彼に何か買ってあげようとガソリンスタンドに向かう。

第10話「ハッピー」

#10_main新

ロイは手下レオンの従兄ハッピーに面会し、支援の約束を取りつける。しかしその矢先、ハッピーとレオンはジョストの元を訪れ、ロイを陥れる交渉を持ちかける。メイフラワーは夜中にエセルリダの部屋に侵入する。エセルリダはメイフラワーのクローゼットで見つけた指輪をロイに見せ、葬儀屋の家業を両親に返すよう直談判する。

第11話「アメリカン・ストーリー」

#11_main_明るくしました

ロイはファッダ家の参謀イーバルに、ファッダ家の息子ゼロとエセルリダから受け取ったドナテロの指輪を渡して停戦を提案する。イーバルはジョストが看護師メイフラワーにドナテロを殺害させ、ファッダ家のボスの座を独占するために弟ガエターノも殺したと断定するが…。

予告編、インタビューほか特典映像

予告編

キャスト&スタッフ インタビュー映像

今祥枝さんによる作品解説も必読


画像19

画像20

© 2021 Metro-Goldwyn-Mayer Studios Inc. FARGO (Year 4) © 2020 MGM Television Entertainment Inc. and FX Productions,(c) 2020 Home Box Office, Inc. All rights reserved. HBO(R) and related channels and service marks are the property of Home Box Office, Inc.

スターチャンネルEXでは最旬ドラマを最速独占でお届け中!

スキ、ありがとうございます。
3
洋画、海外ドラマを中心に放送・配信をしているスターチャンネルです。noteでは、スターチャンネルで放送・配信中のドラマ作品について、より深い作品理解を目指して解説記事を中心にお届け予定です。よろしくお願いいたします。